2014年02月12日

会津若松城への旅 vol.5 阿弥陀寺で『御三階』を攻めてきた

さて、旧滝沢本陣を攻めた後、東京に帰る前に七日町駅の「駅カフェ」でお茶でもしようかなぁ。と、「まちなか周遊バス」のハイカラさんに乗って七日町駅へ。

この駅の前は何回かバスで通ったけど、このお寺、気になるんだよなぁ。

FUK03_001.JPG
大きくもなく小さくもないお寺。阿弥陀寺。

ガイドブックで調べてみたらびっくり。

会津若松城の中にあった「御三階」という建物がこのお寺に移築されていて、そして新撰組の斎藤一のお墓があるというではないか!



あっぶねぇー。素通りするところだった。



思わず口に出しそうになってしまった。

会津若松城にあった建物が現存していたというのもすごいけど、幕末史好きにはたまらない斎藤一のお墓まであるとは!

ガイドブックを見た時に、そんなこと書いてあったような気もしたけど、こんな近場にあるとは思わなかった!

ということで、さっそく入ってみます。


FUK03_002.JPG
正面に見える不思議な建物。御三階です。

城の中にある「櫓」っぽい建物かなぁと想像していたら、なんだか不思議な建物でした。

説明版によると・・・
三階のように見えるけど、二階と三階の間に天井の低い部屋があって、内部は四階建てになっているそうです。
そして、三階にあがる梯子は、用事がない人間は上がれないように、上から引き上げる仕組みになっている。
当時は秘密の会議の場所に使われていたそうな。
明治初年まで鶴ヶ城本丸にあったそうで、明治三年に阿弥陀寺に移され、戊辰戦争で焼失した阿弥陀寺の本堂代わりに利用されていたそうです。
(なんと贅沢な!)

ちなみに、写真の左側にあるのは新撰組隊士で有名な斎藤一のお墓です。

うぉぉ。テンションあがるぅ〜。
頭の中、「ラーラーラー ララララー」とジョン・健・ヌッツォが歌ってるよー。

今回、残念ながら時間切れで行けなかったけど、今回宿泊したのは東山温泉の「くつろぎ宿 新滝icon」というホテルだったんだけど、東山温泉から会津若松方面に出てくる道中に、土方歳三が建てた近藤勇の墓がある天寧寺があるんです。
近藤勇は板橋で処刑されたけど、土方は近藤が思い入れがある会津に墓を作り、その後、土方は北を目指します。

斎藤一は土方と別れ、会津に残って松平容保公をお守りすることを選びました。
その墓が会津若松城の遺構がある建物の近くに建てられていることにを感じます。
そういえば、斎藤一の奥さんとなった時尾と結婚する際には、松平容保公が仲人になったという話も残っているし、ものすごく忠実で信頼を得ていたのでしょう。
斎藤一は藤田五郎と改名したため、お墓は「藤田家の墓」となっています。

・・・と、新撰組の話を始めたら止まらないので、御三階の話に戻ります。

御三階はどこにあったかというと、天守から眺めた時にその跡が見えてました。

FUK03_003.JPG
天守から本丸を眺めた時の中央の奥のほうです。

時間がなくて、奥にある御三階跡には行けなかったんだけど、写真にある場所です。
近くに説明看板っぽいのが建っているし、地図でも調べたので合っていると思う。
天守の下に本丸と大広間の建物があり、茶室の近くに物見櫓を兼ねた御三階があった。
なんとなく、敷地の様子が想像できません?

そして御三階の建物に近づいてみる。

FUK03_004.JPG
中央に三つ葉葵の御紋が!!!

おぉぉ。さすが松平家。
この金の御紋だけでひれ伏したくなる。

正面の大きい玄関みたいなところは、殿様しかきっと入れないんだろうな。
それより下の人間はどこから入るんだろう・・・。とウロウロ探してみたかったけど、怪しい人になっちゃうのでやめました・・・。

はぁ〜。中に入ってみたいなぁ。
特別公開とか、しないかなぁ〜。


*** 今回、会津で泊ったお宿はこちら ***

くつろぎ宿 新滝
icon
icon
icon

会津の町から巡回バス「ハイカラさん」で行ける東山温泉。
「新滝」は、新撰組の土方歳三が刀傷を癒したという温泉があるという幕末マニアにはたまらない宿。
別館(不動滝)前にはその温泉跡が残っています。
※現在もお湯が湧いているけど、外にあるので温泉に浸かることはできません。

こちらの宿は、かつては松平家の別荘だったそうで、会津藩主の松平容保ゆかりの天然岩風呂『千年の湯』がそのまま残っています!
こちらのほうは、入ることはできますよ!
もちろん、入ってきました!


このブログの成分分析はこちら。ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogramで人気ブログを分析



お城巡り ブログランキングへ
ブログランキング参加中
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

posted by ゆーか at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック