2014年02月24日

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.5 門。門。そして門。西の丸までは門がいっぱい。

「天空の白鷺」の攻略を完了し、西の丸の千姫の化粧櫓を目指す。

天空の白鷺の施設内で30分くらい待ったけど、まぁ、写真を撮りながらじっくりまわるので、この時点で姫路駅についてから約2時間20分経過。
駅から姫路城内に入るまで、約10分のところ、写真を撮りながらなので20分かかったので、城内に入ってから2時間といったところ。
これで姫路城の半分を攻略。
まだまだ先は長そうだな。

と考えながら天守の前の備前丸を通過。
備前丸は池田輝政の居館があったところ。

小天守の華頭窓(かとうまど)がきれいだなぁ。と眺めながら歩いていると、階段を登らされ、さらに下ることに。
そして下っていくとまた門が出てきた。

UKB01_033.JPG
水三門

階段を下ったところにある水三の門
こういう「登って下ったところにある門」ってあまり見た記憶がないけど、姫路城はこういった「下ったところにある門」がよくあります。
天守の周りをまわっているのに登ったり下ったりさせているのが不思議だったんだけど、「あれ?天守への道、間違った?」と錯覚させるためで、他の城にはあまり例はないそうです。

水三の門は登ってきたとしても下ってきたとしても周囲から攻撃されること、間違いなしなのがよっくわかる。
攻めるの、嫌だなぁ〜。



UKB01_034.JPG
水二門

狭い水三の門をくぐると天守の石垣のすぐ横にでた。
広い道なので心理的にはちょっと余裕が出てくるけど、すぐ脇の乾小天守を見ると、狭間はあるし、石落しも備わっている。
うむむ。ここの突破も一筋縄ではいかなそうだ・・・。
次の水一の門へ向かいます。


UKB01_035.JPG
水一門を出たところ。

写真で観光客が石垣の上を眺めているけど、この石垣の上のほうに「姥が石」が埋まっています。
この「姥が石」は築城の際に石が不足していて困っていたところ、老婆が石臼を寄贈したという話が伝わっていますが、これは作り話だそうな。
当時、石臼にはパワーが宿っていると考えられたので、魔よけの意味もあって使われたとも考えられるそうだけど、この石はすり減っている上に半分に割られているので、その線はないそうです。
いわゆる「転用石」ですね。

右側にある黄土色の壁は「油壁」と呼ばれていて重要文化財
なんでこの壁が重文!?かというと。
池田輝政よりも前の時代の版築工法と呼ばれる工法で作られているそうです。
ものすごい強固なのでお城の城壁には向いているのだけど、手間暇かかるのでここだけ造られたそうです。

さらに西の丸に向かって歩きます。
天守の石垣に沿って歩いていこうとしたら、どうやら入ってきた水一の門の裏にある「ほの門」が正しいらしい。

UKB01_036.JPG
ほの門

鉄板貼りなうえ、有事の時には砂利で入口を埋めるためにこんな階段のところに作られているようです。
姫路城にはこうした門がたくさん!


UKB01_037.JPG
天守さん、さようなら〜。

いやぁ。この小天守だけでも普通の城の大天守並みの大きさだわ。


と、雰囲気のある不思議な門が出てきた。


UKB01_038.JPG
にの門

おぉ!?中は暗くて急カーブ。
なんか怖いんですけど。

F1のヘアピンカーブ並みにぐるっとまわるとまた道幅の広いところにでてきました。
このまま歩いていけば、西の丸まで攻められそうな感じ。
やっと先が見えてきた!?


とはいえ、まだまだ危険はある。
すぐ脇は石垣と櫓なのだ。
横矢をかけられる上に、石落しだってあるではないか!
石落しは石を落とすだけではなく、上から矢で攻撃をされたり、登ってこられた場合には熱い油を流したそうです。
矢をかけられないように石垣にそって歩いていたとしても、石を落とされたり油をかけられたら、それはダメージだわ。


ここに注目!

写真の右側は歩いてきた通路です。

UKB01_042.JPG
ここで必ず振り返ってください!
写真の左側の櫓に注目!


唐破風(カーブを描いている屋根)の瓦を見てみると・・・

UKB01_043.JPG
クルスの模様の瓦が!

十字の瓦なんて珍しい!

通称「官兵衛のクルスの瓦」といったように呼ばれているようだけど、姫路城の城主でクリスチャンだったのは池田輝政黒田官兵衛だけで、官兵衛が城主だった時にはまだクリスチャンの洗礼は受けていなかったようなので、池田輝政の家紋と考えられるそうです。
池田輝政が生きていた時代までは、まだ幕府は各藩に禁教令は出していなかったということもあり、池田輝政説が有力です。


クルスの瓦とはさよならするとすぐ近くに「はの門」が。
また下り階段の門です。


UKB01_044.JPG
はの門。石段が急な門でした。

この門を出たところには転用石である石灯籠の石があるので、それも忘れずに。

はの門を出ると。


UKB01_045.JPG
やっと西の丸の建物が見えてきた!

この「はの門」を下り終えたところは、TVドラマの「暴れん坊将軍」で新さんがよく立ち止まるスポットだそうです。
この坂道の下から上を眺めると天守も近くに見えて絶好の撮影スポット。
・・・らしいです。気がつかず、素通りしてしまった・・・。
坂を下から見上げると天守が近くに見えて、攻めやすいように見えるそうな。
とはいえ、天守にたどり着くまでには門がたくさんあって。
いわゆる、トラップですな。


西の丸に出るまで、長いなぁ〜。
西の丸編に続く。



姫路城を訪れる前に読んでおきたい本


レンズが撮らえた幕末日本の城

明治に入って撮影された城の写真が充実!
取り壊される直前の壁の漆喰がはがれおちたり、瓦が外れて落ちそうになっているのを見ると、幕末、城の修理になんてかまってられない諸藩の事情がよーくわかります。
姫路城の天守も今はきれいだけど、壁はボロボロ、瓦ははがれて屋根もでこぼこ。
今は取り壊された建物の様子もわかって面白い!

姫路城めぐりで便利なプラン、みーつけた!
軍師官兵衛ゆかりを巡る旅♪タクシーで姫路散策プラン♪
icon
姫路城 にっぽんの世界遺産
姫路城ツアー じゃらん.net
icon





このブログの成分分析はこちら。ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogramで人気ブログを分析



お城巡り ブログランキングへ
ブログランキング参加中
ぽちっとひと押しで応援お願いします!


posted by ゆーか at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック