2014年03月02日

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.8 姫路城 まとめ

UKB01_004.JPG

姫路城の旅。まとめです。

どこからでも見える日本最高峰の巨大天守群。白鷺という表現がぴったりの美しさ!

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.1 姫路城
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.2 姫路城の門から攻められてる気分♪
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.3 天空の白鷺までは程遠い。
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.4 天空の白鷺の内部に潜入。
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.5 門。門。そして門。西の丸までは門がいっぱい。
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.6 百間廊下はケタ違いの長さなのだ。
姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.7 男子禁制エリア♪に攻め込む!


姫路城情報
所在地:兵庫県姫路市本町68
種類
 梯格式・平山城
天守
 望楼型 五重六階地下一階 木造
 連立式 現存12天守
主なタイトル
 三大平山城
築城
 もともとは黒田重隆の居城
 1580年(天正8):羽柴(豊臣)秀吉
 1601年(慶長6):池田輝政
主な城主
 豊臣氏、池田氏、本多氏、酒井氏ほか
主な遺構
 国宝:大天守、西天守、乾天守、東天守、い・ろ・は・にの渡櫓の8棟
 重要文化財:門15棟、堀32塔の計74棟

ここが攻めどころ!
 ・いの門の上にある丸瓦と滴水瓦。揚羽蝶とそれ以外の家紋がよく見える!
 ・三層櫓門のぬの門。ここから攻められる姿を想像してみて!
 ・直前にある人面石でプレッシャーも受けてみる。
 ・城内の石垣にある刻印石。いろんな大名のトレードマークが刻まれてます。
 ・天守最上階にある刑部神社
  この神社のおかげで震災・戦災でも一度も炎上していないと伝えられている。
 ・小天守群の石垣。下から見上げると、屋根の裏側がとにかく細かく
  作られていることに感動。下から見上げる城も美しい。
 ・にの門を出たところにある櫓のクルスの瓦十字は本当に珍しい!
 ・百間櫓の長局から見る天守群。

ここもおすすめ
 ・姫路城 西御殿屋敷跡庭園「好古園」
  当時の跡、そのままではないけれど、武家屋敷や庭園を再現。
  江戸時代の様子を垣間見ることができる。
  姫路城天守を「借景」としていて、まさに「姫路城のお庭」の
  ように見える。
  「江戸城」としてよくロケに使われています。
 ・兵庫県立歴史博物館
  2014年は「軍師官兵衛」にまつわる展示でどっぷり官兵衛気分にひたろう!
 ・イーグレひめじ
  最上階から天守が眺められます
 ・書写山円教寺
 「ラスト・サムライ」のロケ地になったところ。
 トム・クルーズは撮影にヘリコプターで現れたそうな。スケールでかっ!

おすすめガイド本&読んでおいたほうが良い本

日本100名城めぐりの旅: 7つの「城の楽しみ方」でお城がもっと好きになる!
姫路城というお城の楽しみ方を教えてくれる本。
ワタシは姫路城に行く前に読んで行きました!
姫路城のどこが見どころかを教えてくれます♪


レンズが撮らえた幕末日本の城
明治に入って撮影された城の写真が充実!
取り壊される直前の壁の漆喰がはがれおちたり、瓦が外れて落ちそうになっているのを見ると、幕末、城の修理になんてかまってられない諸藩の事情がよーくわかります。
姫路城の天守も今はきれいだけど、壁はボロボロ、瓦ははがれて屋根もでこぼこ。
今は取り壊された建物の様子もわかって面白い!


戦国ロマン 城めぐり
ロンブーの淳はちょっとうざいけど、お城のガイド本として面白い本。
大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国」の時に出されたみたいで、小谷城(浅井長政)、安土城(織田信長)、長山城(豊臣秀吉)、佐和山城(石田三成)については特に詳しいです。
レストランやカフェ、城下町グルメについても掲載されているので、この1冊で城めぐりがじゅうぶん楽しめちゃいます

姫路へのおすすめ旅
軍師官兵衛ゆかりを巡る旅♪タクシーで姫路散策プラン♪
icon
姫路城 にっぽんの世界遺産
姫路城ツアー じゃらん.net
icon



このブログの成分分析はこちら。ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogramで人気ブログを分析



お城巡り ブログランキングへ
ブログランキング参加中
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

posted by ゆーか at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック