2014年05月07日

小田原城 北條五代祭りに出陣! vol.2 「隙」の無い完璧な祭りに酔いしれる。

ゴールデンウィークに神奈川県小田原市でやっていた小田原北條五代祭り
続きのパレード編です。


KAN01_026.JPG
銅門の周りは人でいっぱい。
クランク状の馬出門までずっと人・人・人。馬出門あたりが一番混雑するそうです。


KAN01_027.JPG
武者隊の先駆け軍団が登場!
昨年の天下一忍者決定戦の勝者である六代目の風魔小太郎もパレードに参加していたそうな。
少年忍者隊、くノ一隊がかわいい。



KAN01_028.JPG
少年の槍隊と少女の薙刀隊
思わず、かわいい!と声にだしてしまった。
腰元姿の女の子達の着物の色彩がきれいなのです。


KAN01_029.JPG
出陣式でホラ貝を吹いていた御一行もパレードに登場。
後ろに続くのは「手作り甲冑隊」完成度、高っ!!!


KAN01_030.JPG
後ろ姿もとてもかっこいいのだ。


18-200mmの望遠レンズを持って行ったので離れていても人の顔が判別できるくらいには撮れたのです。
だけど、一般の人の顔の写真をアップするのはダメだなぁ。と思い、アップにならないように撮影。
どうしてもごちゃっとなってしまう。


この写真を撮って思った。
後ろ姿もかっこいいじゃん!
後ろ姿を撮っておけばよかった〜。と後悔。
今度は後ろ姿もちゃんと撮っておこうっと。


KAN01_031.JPG
北條早雲公、御出陣〜。

北條氏などの武将は馬に乗って銅門から出てくる。雰囲気あるぅ〜。
小田原城は銅門、馬出門を復元して正解だね。
現存している門だと簡単にイベントで使用することはできないと思う。
銅門から出てくる様子は、まるで時代劇の出陣シーンのようで見ごたえアリなのです。

各武将の前後を固めるのは地元の学生やボーイスカウト、ガールスカウト、その他に小田原市のいろんな団体からの参加者達。
銅門から出陣するだけでなく、馬出門を出たところから合流する団体もあるからけっこうな人数になるんじゃないかな。
総勢何名のパレードなのでしょう?


KAN01_032.JPG
こちらは二代 北條氏綱公。小田原市議会議長さんだそうな。
背筋がしゃんとして良いではないか!

その後に玉縄城主の北條氏時隊が続き、三代 北條氏康公の御出陣。


KAN01_033.JPG
北條氏康公でございます。

表情が強張っているのは馬がご機嫌斜めのようで弱冠暴れ気味だったから。
でも笑顔がとても素敵な氏康公でございました。


KAN01_034.JPG
曇りの日でも映える赤い甲冑隊は川越城主 北條綱成隊。
女子生徒が多い隊だったけど、遠目で見ると男子なのか女子なのかわからないくらい凛々しい。


KAN01_035.JPG
北條五代姫隊。
氏康正室の瑞渓院(今川氏親娘)、氏政正室の黄梅院(武田信玄娘)、氏直正室の督姫(徳川家康娘)とそのお付きの方々が続く。

姫隊の衣装は淡い色合いで女性らしく、きれいですな。


KAN01_036.JPG
四代 北條氏政隊。


KAN01_037.JPG
こちらは八王子城主 北條氏照隊。
八王子観光協会など八王子からの遠征なのね!


KAN01_038.JPG
一番、かっこいいなぁ。と思った鉢形城主 北條氏邦隊。
この旗が遠目からもかっこよかったのです。
埼玉県の寄居町からのお越しとな。小田原まで何時間かかったんだ!?


KAN01_039.JPG
五代 北條氏直公隊。


そして最後は韮山城主 北條氏規隊。

KAN01_040.JPG
小田原警察署など小田原の参加者に混じり、静岡県の伊豆の国市から手作り甲冑隊がかけつけたそうです!

こうしてみると、それぞれテーマカラーがあってお付きの方々もその色に合わせていてカラフルなパレードなのですね。


「しんがり」はこの韮山城主の北條氏規隊。
これで銅門からのパレードは終了だけど、この武者隊の前後に馬出門の外から合流している吹奏楽隊や御神輿が出たりしていて、かなり大規模なパレード。
それぞれのテーマカラーで統一された武者隊達を見るのは楽しかったです。

あまりの人出の多さに城の外に出てパレードを見るのはやめたけれど、城外も盛り上がったんだろうな。
二の丸に出ていた屋台で「やきそば」などお祭りグルメを堪能し、馬出門や学橋など"表"から出るとパレードに巻き込まれて出られなさそうなので、小田原城の天守裏の北入口から出ることに。

二の丸を出て常盤木門をの近くまで来たところで何やら城内が騒がしくなった。
またプロレスのリングアナウンスのようなアナウンスが城内に流れる。


どうやら皆々様方が御帰還されたようじゃ。


KAN01_041.JPG
初代 早雲公 御帰還〜。


常盤木門の前から銅門付近が見えるのです。
ちょうど早雲公がお戻りになられたところでした。


最後の最後まで、手が抜かれていない小田原北條五代祭り。
その「本気」具合は見ている人間をも熱くしてくれました。
本当にすごいよ。小田原の人たち。
もちろん、その他の北條ゆかりの城のあるところから遠征されてきた皆さんもね。

二の丸ではお祭りグルメだけでなく、この遠征してきた自治体も物産市を出していて、それを眺めるのも面白かったです。


来年は街中に陣取ってパレードを見ようかな。
もちろん「天下一忍者決定戦」もね。



ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 旅行・観光ガイド たびすまいる

posted by ゆーか at 21:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
迫力が伝わってきました。
20万の人出、驚異的ですね!
後北条氏の興亡、大河ドラマ化したらおもしろいんじゃないでしょうか。
Posted by ウォッカマティーニ at 2014年05月08日 01:07
> ウォッカマティーニさん

とにかく人の多さにびっくりしました。
帰りの小田原駅の大混雑といったら・・・。
こういった大規模なイベントに参加するのであれば、いっそのこと宿泊して温泉にでも入って帰りたいなぁ。と思いました。
箱根まで行かなくても近くに良い温泉地があればよいのですけど。

お祭りには満足したので、ちょっとしたワガママでございまする(笑。
Posted by ゆーか@管理人 at 2014年05月08日 22:24
はじめまして。
北條氏康検索してたらひっかかりました。この手のお祭りに甲冑着て参加したり、祭中のアトラクションとして寸劇を開催したりしております。
実は北條五代まつりには昨年出てましたが、今年は別イベントの都合があってでられなかったんです。

早い話かもしれませんが、神奈川県愛川町で10/19に三増合戦まつりというのをやります。規模としては小田原とは比較にならないくらい小さいですが、工夫を凝らしてお客様に満足してもらえるよう頑張っています。今年も私ども、合戦寸劇『三増合戦』をやりますので、ご都合よろしければご覧にいらしてくださいませ。
Posted by 三郎兵衛 at 2014年06月30日 17:35
> 三郎兵衛さま

コメントありがとうございました〜!
おぉ。甲冑を着て参加されているのですね。
そういえば、北條五代祭りに参加している外国人さんが、他のイベントに出ているのも見ました(笑。

合戦寸劇、面白いですよね!
残念ながら、小田原の一夜城まつりをレポしなくてはならないので参加できませんが、「三増合戦」も頑張ってください!
Posted by ゆーか@管理人 at 2014年07月03日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック