2014年07月27日

小田原城 小田原ちょうちん夏まつりに行ってきた。

DSC00108.JPG

7/26、27にかけて実施している「第23回小田原ちょうちん夏まつり・あかりの響宴」に行ってきました!
小田原城が会場になった小田原ちょうちんに関するイベントです。

斬新。「デジタル壁掛け」という天守に投影するイベントがやっていました。



城内には巨大ちょうちんが!
DSC00071.JPG

小田原城のお堀の周りは小学生が絵づけしたちょうちんが並び、日が暮れるとライトアップされます。
DSC00240.JPG


「小田原ちょうちん」に関するイベントや盆踊りがやっているのですが、歴史的な意味あいはさほどなく、歴史ヲタとしては消化不足かな・・・。

だけど、4月のさくら祭り、5月の北條五代祭りと比べると、食べ物屋台は圧倒的に多かった!

近くに住んでいる方なら足を運ぶのもよいかもしれません。

デジタル掛け軸は、ただ天守に模様が投影されるだけで、プロジェクション・マッピングとは異なるけれど、日が落ちるとともに浮き出てくる多彩な模様はなかなか見ごたえがありました。
現存天守や復元天守ならば絶対できないと思う。
(さすがにプロジェクターで投影した模様がそのまま残ってしまうとは考えられないけれど、実現は難しそう。)
コンクリート天守で、白壁で、あまり巨大すぎず、ほどほどの大きさじゃないとキャンバスにはなりにくいと思う。
コンクリート天守を逆手にとった面白いイベントだと思います。

では、デジタル掛け軸、いってみましょう♪


DSC00128.JPG
日が落ちる少し前から天守に投影が始まります。
日が暮れるにつれ、だんだんと模様が浮き出てくる。
「デジタル掛け軸」は今年から始まったイベントのようです。

DSC00144.JPG

DSC00156.JPG
日がだんだん落ちてきました。・・・草間彌生風?

DSC00162.JPG

なお、7/10〜9/29まで小田原城天守内で「屋内プロジェクションマッピング 五代の緒 北条五代百年絵巻」というプロジェクションマッピングが行われています。
こちらは時間が無くて行けなかったのだけど、これもなかなか面白そう。

最後はライトアップされたお堀沿いに並ぶちょうちん達。

DSC00216.JPG

水面に映っているちょうちんを橋から眺める。
風流で良いですなぁ。



このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析


ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 旅行・観光ガイド たびすまいる

posted by ゆーか at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック