2015年03月09日

皆川城(1) 法螺貝ぐーるぐるなお城へGo!

お城仲間と久々のオフ会。やってきたよ栃木の城。

東北自動車道の栃木インターで降りて、東北道沿いの皆川城、西方城+二条城に行ってきました〜♪

TCG01_001.JPG
ぐるぐる巻きな感じで曲輪が配置されている様子から通称「法螺貝城」と呼ばれる西方城。

向かって右が本丸、左が二の丸で、その様子はワタシには二匹のカタツムリに見えます♪



東北自動車道の栃木インターを降りて車を走らせると見えてくる皆川城。
誰に教えてもらわなくても「あれだ!」とすぐわかるくらいの法螺貝というかカタツムリっぷり。
居館があった南側は公園として整備されていて木々がきれいに刈られていて、遠くからみても皆川城だとわかり、ものすごくテンションがあがってくるのです

皆川城は東西約450m×南北約300m、標高約147mの平山城。
一番高い本丸部分でもそれほど高く見えませんが、晴れていれば筑波山まで見通すことができるそうな。

皆川氏が会津田島から皆川氏が移り住んだという伝承から、15世紀後半に築城されたんじゃないか、ということらしいです。
戦国期までここを本拠地としていたそうな。
ふもとには東西約140m×南北約100mの方形状の居館跡が残り、山の上の本丸までは段々と帯曲輪が配置され、竪掘で分断されたり、どでかい横掘が作られていたりと、こぶりだけどなかなかの山城っぷり。
竪掘、横堀とはなんぞや?という人にはお手本になりそうなお城です。

ちなみに皆川氏についてですが、すみません、あまりここら辺の歴史には詳しくないので、自力で調べてください。
皆川広照という武将の居城でしたが、宇都宮氏に仕えたり、小田原征伐では北条側について小田原城にこもったり、すんでのところで徳川軍にとりいって所領を安堵してもらったり、でも皆川城は落城していたりと、宇都宮氏、北条氏、壬生氏などと相対しながらとにかく大変だったんだろうなぁ。

「関東には戦国時代は無い」と思っている人が多いですが、いやいや、関東も規模は小さいけれど、けっこう群雄割拠だったわけです。
豊臣とガチで敵対するほどの関東の巨大カリスマだった北条氏もブイブイ言わせてたのはせいぜい埼玉県止まりだし、群馬、栃木、茨城あたりはさらに細かい勢力争いがあったんだろうな。
紐解いていくと面白いかもしれません。
ワタシは大混乱するので、誰かにお任せしたい・・・


皆川城へ話はもどります。

あ、大変! 居館跡の現在のシンボル(?)である公民館の写真を撮り忘れた!
現在、方形の居館跡には栃木市皆川公民館が建っています。
皆川城へお越しの際は、この公民館を目指すのがおススメです。駐車場もあります。

TCG01_002.JPG
写真に写っていませんが、右側のほうに公民館があります。

TCG01_003.JPG
皆川城の正面に立って対峙してみた。
城跡というより、アスレチック施設、もしくはスキーのコースみたいだなぁ。

居館跡の左側には土塁&堀が残っているので、まずはそちらを見てみる。

TCG01_004.JPG
一斉に土塁に向かう人々。
さすが城好き達だ。

TCG01_005.JPG
土塁に登ろうとすると、想像していたより高いことに気がつく。
おぉ。土塁がこんなに残っているなんて!

TCG01_006.JPG
写真の右側が居館跡、中央が土塁、左側は外郭の堀で、当時は水掘だったようです。

ここで皆川城の案内板で位置を確認しておきましょう。

TCG01_007.JPG
この縄張図は本丸の物見台のところにあった看板のもの。
先に知っておいた方がよいです。
現在地は、居館の左の土塁を登っているところです〜。

TCG01_008.JPG
こちらは公民館の右側、トイレ付近にあった案内看板より。
紅梅、白梅、ロウバイ、桜にモミジ、紫陽花にツツジが植わっていて、年間を通して自然が楽しめる公園のようです。
春になったらまた来たいかも。

TCG01_009.JPG
同じ案内看板より。皆川城の復元模型図
おぉ。すげぇ!竪掘すげぇ!と、興奮。
こういう復元図があると、初心者としては妄想をふくらませることができるので嬉しい。

TCG01_010.JPG
で、城探索に戻りますが、土塁を歩いてきた人間は、よじ登ることになる。
あ、土塁を登ってこなければ、ちゃんと脇に階段があるのでご安心を。

TCG01_011.JPG
うぉ。曲がりくねってるなぁ。スキーのコースみたいですわよ。
ボコッボコッと小高い丘のような段々が連なっています。

TCG01_011_2.JPG
現在地はたぶんこの赤丸のところ。
ここを登って行くのも面白いですが、この左側におすすめ絶景ポイントがあるということで、堀に沿って歩いて行くのです。


<皆川城編 続く>


ただいま戦国の城についてお勉強中♪


「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城


ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 旅行・観光ガイド たびすまいる



このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析

ラベル:山城を歩く
posted by ゆーか at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック