2015年03月15日

皆川城(4) 一の曲輪と二の曲輪に攻め込むっ!

栃木のお城「皆川城」編の続きです。

二の曲輪、そして一の曲輪(本丸)を目指します。

二の曲輪に到着〜♪

TCG01_043.JPG
奥のちょっと高くなっているところは縄張図を見ると、西の丸かな?
遠目に見たら階段状の登り口があったのでたぶんそうかと。

そして北側に「見どころ」があるということなので、木が茂っている奥のほうに行ってみる。



TCG01_044.JPG
二の曲輪(見はらし平)、けっこう広いね。

パノラマで撮影した一枚をどぞっ!

TCG01_046.JPG

うおっ!二の曲輪の裏も法螺貝だった!

居館側と同様に小さな曲輪が段々状に連なっている!

TCG01_047.JPG
段々の曲輪の下の方にお味方が!
二の曲輪にいるワタシから見ると3段下のところに発見。
ずいぶん下にいるけど、こっちからは丸見えよ〜♪

この段々を降りてみたかったけど、一の曲輪(本丸)を先に行かねば!

TCG01_048.JPG

TCG01_049.JPG
皆川城で一番高い場所、本丸を目指して登る!

TCG01_051.JPG


TCG01_053.JPG
一の曲輪(本丸)にはベンチと案内板と現代的な櫓と皆川城址碑が。

案内板によると、この一の曲輪は2010年に発掘調査を行い、小規模の建物と想定される柱穴群と曲輪の縁に幅2m程度の低い土塁を確認したそうです。

この「現代的な櫓」になんとなく登ってみたら、これがよかったのだ。

TCG01_054.JPG
遠くまで見えるぞっ!

おチビなワタシは木々で視界が遮られちゃうんだけど、櫓に登ったら見渡せたぞ。これはよかった!
皆川城の曲輪の端に植えられた植木のおかげで、遠目からでも曲輪が段々になっている様子がわかりやすい。

TCG01_055.JPG
写真中央でシャベルカーが工事しているのがわかるでしょうか?
かつてはこの場所周辺が皆川城だったそうです。
へぇー。
この山に拠点を移し、麓には通常時の居館を置いたのね。

筑波山も見えるということだったのだけど、どれだったかよくわからず。でした。

本丸も制覇したので、よし。退却するぞ。
その前にまだ、皆川城には見どころがたくさんあるのだっ!

<皆川城 「裏」を探検 に続く>


ただいま戦国の城についてお勉強中♪


「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城


ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 旅行・観光ガイド たびすまいる



このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析

posted by ゆーか at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック