2015年09月13日

2015年6月 春日山城、その他に行けるだけの城に行ってきました vol.3

6月に行った「春日山城、その他に行けるだけの城に行ってきました」の旅のダイジェスト編の続きです。

予定では高田城の後に鮫ヶ尾城に行くことになっていました。
行くには行ったんです。でも、駐車場に着いたとたん、どしゃーっと雨が。そして雷まで

150620_19.JPG
これから鮫ヶ尾城に登城だというのに・・・。


こういうものは「ご縁」だと思うのです。

確かにこの日は天気が崩れるという予報だったけど、春日山城では日差しが強かったのに、だんだんと悪くなり、駐車場に着いた途端、雷雨。
「今は来るべき時じゃない。来るなー。来るなー。」ということなのかもしれません。


確かに。


歴史は好きだけど、特定の武将が好きなわけではなく、上杉影虎が春日山⇒御館を脱出し、最後にたどり着いて落命した場所といっても史実だけで特に思い入れもなく、「ふーん。ここが。」と思っていたワタシを「もっと勉強してから来い」と追い返したように感じられました

すんません。上杉側の歴史は興味を持ったことがなくて・・・。
NHK大河ドラマ 天地人も途中まで観ていたけど、妻夫木くんの現代劇な演技と、あわよくばB L好きな女性をひっかけようという作り方が透けて見えるのが嫌で脱落したもので、それ以来、「なんか嫌。」と拒絶感がありました。
でも帰ってきて、心改めて読みましたよ。天地人
えぇ。面白かったですよ。とても。
今まで読んでなかったのを後悔しました。

で、悔い改めたので、次に行った時には、ぜひ、中に入れてください。

ということで、案内板だけ撮影してあとにしました。

150620_18.JPG
鮫ヶ尾城の周辺は古墳があったりと一大歴史スポットらしい。
古代住居が復元されていたり、バーベキューができたりと、仲間と一日ワイワイやるのによさそう。

でも、この案内版は鮫ヶ尾城に行くまでの案内で、駐車場からの距離を考えるとかなり歩くようだ。雷が鳴っているなか、これは無理だ・・・。

で、帰りに謎多き城、長野県の飯山城に立ち寄りました。

城めぐりでもここをメインには充てないだろうという城跡。

城らしいところは・・・

150620_20.JPG
・・・ここだけ!?

虎口が残っています。喰い違ってます。
一時期は上杉謙信の所属となり、武田信玄の侵攻に備えた城というのだから、春日山城のようにこだわり抜いた仕掛けのあるすごい城だったのだろうけど、残念ながら今も残る「ザ・城跡」のシンボルはこの一角と、少し歩いたところにある丸山家に移設された後、この地に戻ってきた長屋門くらいです。
(それも城門なのか、家臣の屋敷の門なのかはわからないらしい。)

案内板に見取り図があったので、謙信だったらこうしたかもしれない、と想像しながら補完しましょう〜

春日山城、その他に行けるだけの城に行く旅。
これで終了の予定でしたが、鮫ヶ尾城に行く予定だった時間を有効活用して、帰り道に長野県の松代城に寄ってもらいました。
まだ行ってないと話したら、今回の旅に誘いだしてくれたお師匠さんが連れて行ってくれました。

150620_17.JPG
やってきたぞ、松代城!

かつては山本勘助が縄張りを担当したという海津城
真田信之が入封した後は明治維新まで真田氏が居住していました。
近くを通っていた電車が廃線となり、アクセスが悪くなってしまったことから、行くなら1日がかりかなぁ。と思っていたけど、来られてよかった!
百名城スタンプは、以前は時間に関わりなく押すことができる場所にあったようだけど、最近、置き場が変わって真田邸(新御殿)になったそうです。
時間外だったので、松代城内も新御殿も入ることはできなかったけど、ぐるっとひとまわり。
三日月掘の復元想像図を見て、実際はどうだったんだろうと想像してみたり。
手前の橋詰門(高麗門)と奥の太鼓門(櫓門)をはじめ、復元が進んでいて、三日月掘まで復元できたとしたら、「城のテーマパーク」のようになるだろうなぁ。
整理されすぎると安っぽくなるし、整備することによって失われるものもあるかもしれない。
手を入れることに難色を示す人もいるでしょうが、武田のこだわり満載な縄張りを知ってもらい、面白いと思ってもらえるなら、1か所くらいそういった城があったとしても良いのかもしれません。

1日で周った群馬、新潟、長野の城めぐりの旅。
どの城もこだわりが異なり、それぞれ特色があって興味深かったです。

そして今回の姫降臨の評価としては・・・・

住みたいのは小幡陣屋じゃっ!

たかだか2万石であの広大な敷地と貴族の屋敷のようなゆとり。
能や茶に興じて自分の好きなことをやって暮らす。
・・・もう、最高でしょ。



NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集
映像で見たらもっとわかりやすいだろうな。


ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ



このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析
posted by ゆーか at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック