2017年01月08日

【おんな城主 直虎】第1回「井伊谷の少女」

始まったよ!「おんな城主 直虎」。
女性が主人公。そして、「蚊帳の外」で「盗み聞きばかりしている主人公」じゃなく、歴史の渦に巻き込まれていくということなので、楽しみにしてました。

BSで先に見ていたのだけど、改めてツラツラと感想をTwitter風につづってみる。


うわっ。またこの手のナレーションか!

「花燃ゆ」の時のように妙に作った声のナレーション。

「マンガ日本昔話」かよっ!!!

嫌だわ。ストーリーに集中できない!
有働さんのような淡々としたナレーションが懐かしい。

元気な子役たち、いいねぇ。
亀之丞役の子は笑った感じが三浦春馬に似てるわ。
そして鶴丸。この大人びた顔が高橋一生にそっくりじゃないの!
よい配役だなぁ。

オープニング映像。
・・・長い。
まだ初回で人があまり出てこないからだろうか。人名が掲載されていない「間」が多い。
・・・長い。
真田丸の時にはCGでかっこよく作られた城が次々と現れ、興奮したことを思いだすと
・・・長い。
飽きる。

女性だから「花」というのはわかるけど、もう、そういう考え自体、やめません?と言いたい。
大半の視聴者はそういうの期待してないよ

そして場所が変わって井伊谷。
ほう。井伊谷はあんな感じだったのか。
お付きの侍女が一瞬、大蔵卿局に見えたよ!
「なりませぬっっっ!」と言い出しそう
まだ真田丸を引きずっているなぁ。

それにしても亀之丞の父上は、悪役にしかみえないのだけど、善人扱いということでよくって?

うぉ。これは高根城だよね!?
浜松市街から車で片道2時間30分もかかるけど、確かに山城の雰囲気が伝わって良いロケ場所を選んだわ。
城が出てくる前に、高根城から見える向かいの山の様子でわかったよ。
ワタシ、ここからの風景、すごく好きなんです。

Takane_01.JPG
おとわが眺めていた風景

Takane_02.JPG
高根城の復元建物も入れて撮影

Takane_03.JPG
二の曲輪と奥に見える復元建物があるのが本曲輪。

おととし、2度も高根城に行ったけど、山城の雰囲気を損なわず、発掘調査に基づいて復元されただけあって、見ごたえのある良いお城です。
ただし、めちゃくちゃ遠いけどね♪

井戸のエピソードをこなしつつ、亀之丞ってヒロインよりヒロインらしい扱い!?守ってあげたくなるタイプ!?
そしてあっという間に婚約者就任。おめでとう〜
でも、後継ぎ論争については納得のいかない、おとわちゃん。
あっさり母上に言いくるめられてるし

それにしても、昇太師匠の今川義元、怖ぇぇぇ
今までの今川義元は、よくしゃべり、恫喝まがいなことを言いだしていたけれど、一切しゃべらない今川義元はそれはそれで怖い。
そうだよな。公家のしきたりに通じていた義元は他の武士とは異なり、自分で話すのではなくお付きの人に話させていて、直接に下々の下界の人間とは話さなかったのかもな。
今川義元の息子である氏真は「残念な人」として扱われることが多いけど、今回の大河は「井伊家に圧力かけまくる恐ろしい人」といった扱いになるそうな。
そして演じるのは尾上松也。凶悪な氏真を演じてくれそうだな。

竜宮小僧という謎のUMAを探し終わって帰ってきたところで亀之丞の父が亡くなったという知らせが。
おぉ。ストーリーが動き始めたぞ。

ラストシーンの亀之丞の代わりに囮となって逃げたおとわちゃん。
にっこり笑った顔が小憎らしくてかわいい
この子、なかなかやりおるのぉ。

家が途絶える or 途絶えないのはざまにいるってどんな気分なんだろうなぁ。

これから出てくる女性キャストもすごく楽しみ。
寿桂尼は、・・・これ、どう考えても完全にラスボスだよね!?な浅岡ルリ子
築山殿は目つきするどい菜々緒だし、良い意味でドロドロな大河になりそう。
(男の人にはつまらんかもだけど、「大奥」的な物語、ワタシ大好物!

子役時代が1か月続くみたいなので、その間に中だるみしそうな気がする。
三谷大河はその点、ざっくり子供時代は削っても成り立っているからな。

それにしても、2015年に、一足先に井伊谷城に行ってきたのだけど、大河の番宣やドラマの最後の「紀行」で出てきた井伊谷城は、ワタシが行った井伊谷城か!?
なんか、展望デッキのようなものもできて、草も刈られて看板もきれいになってるんですけどっ!

DSC01209.JPG
2015年に行った時の井伊谷城。

DSC01208.JPG
「御所丸跡」の看板が奥に建っている一段高いところ。

「井伊谷城跡城山公園」という名前で地図上でも探しやすくなっています。
遺構はほとんど残っていないけれど、きっと木々も刈られていて、山頂からの眺めは良いんだろうな。
ぜひ、行ってみてくださいな。

初回は芸達者な子役たちに助けられたけど、なかなかストーリーが進まないので、柴崎コウが出てくる前に飽きられちゃうかがちょっと心配。
昇太師匠の不気味な演技で引き付けていってほしいわ!

ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ


このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析

posted by ゆーか at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック