2017年01月15日

【おんな城主 直虎】第2回「崖っぷちの姫」

「おんな城主 直虎」2回目、はじまりました。

オープニングで楽しみなのは、テーマソングにピアニストのラン・ランが加わっていること。
のだめカンタービレ 最終楽章」の劇場版で上野樹里ちゃん演じるのだめのピアノ演奏の吹き替えをやっていた人。時には雨粒のような、真珠の粒が弾けるような演奏をするんです。

さて前回、逃げ出した亀之丞の代わりに捕まったおとわちゃん。
おぉ。亀之丞の探索の追ってをかわす言い訳に「竜宮小僧を探しておったのじゃ。」と、謎のUMAをここでもちだしたか!


笛を届けようと亀之丞を追っかけて見つけ、別れるときにとっさに着物を交換した、という子供ながらに機転の利いた対応。さすがじゃ。

うぉ。そしてやっぱりこのナレーション。やたらとナレーションの時だけ音が大きくなるんだよな。不要じゃ

おぉっ!おとわちゃんがなぜ出家したのかは、亀之丞をひたすら思っていたから、というけど、井伊家の家老である小野政直の息子(鶴丸)と結婚して家督を継げ、ということにしたのか。これなら納得だわ。

「なぜ、そこで今川なのですか? なぜ今川は小野だというのですか?」
というおとわちゃんの疑問。子供ながらいいとこ突いている。

「なにゆえ私ばかり、運のよいことになるのでしょうか?」
八の字型のまゆげの鶴丸ちゃんも良い突っ込みですな。
八の字型まゆげが高橋一生そっくりだなぁ。

それにしてもおとわちゃん。牛若丸みたいだなぁ(笑。
(着物の着方が。)

うむ。夫婦約束を反故にする相談を恋敵である鶴丸にするか!?

おとわの侍女の叫びっ!
この侍女さん、おとわに付いていれば走らされるし、付いてりゃ付いてたでトラブルばかりだわ(笑。

キター!ムロさんっ!
汚っwww
ムロくんの演技、あぁ。こういう人が好い人っているかも。と思ったら。
とんでもない奴だった!(笑。

そして、出たっ!伝家の宝刀。子供の大泣き!
ちょっと飽き気味だけど、泣いた後のぐすぐすした顔でそのまま説得されている様子はかわいい。
そして、もらった鼓を常に抱えているのもかわいい。

やばい。財前おかんの逆鱗にふれた!
井伊家で強いのは、やはりおなごであったか。

そして本日2度目の侍女の叫び!(笑。

OMG。
血をだらだら流しての剃髪!大河の中でも衝撃的なシーンだわっ!
これがオトななら顎下の髪をそぐ、くらいにしたのだろうけど。
この行動力。意味怖いな・・・。

そういや、平安時代の藤原家を舞台とした氷室冴子のラブコメディ「なんて素敵にジャパネスク でも、主人公の瑠璃姫が意に沿わない縁談をすすめられてよく「尼寺に行ってやる」と言ってたけど、当時は貴族の娘であれば「金を積めば還俗できる」だったようです。
「いい男がいたら、金を積んで還俗すればいいわ。幸いウチは、お金持ち♪」と言ってました

というのを知ってたから、金を積んで還俗すればいいじゃん。と思ってたけど、この時代は女性は還俗できなかったみたいですな。

おとわちゃんのかわいさのみで引っ張られている大河。
さて、次回はどうなるか。

おぉっ!次回は一筋縄ではいかない今川家の女たちが出てくる!
佐名を演じる花總まりさんが出てくる!
宝塚の舞台では、ワタシの中ではプリンセスといったらこの人。
和装の姿を見るのは初めてなので、ちょっと楽しみ。
ヒステリックな役柄のようですなぁ。
そしてラスボスの寿桂尼の君臨。楽しみじゃっ。


ブログランキング参加中
更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ


このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析

posted by ゆーか at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445951749

この記事へのトラックバック