2018年01月07日

西郷どん 第01話「薩摩のやっせんぼ」

いよいよ始まりました2018年の大河ドラマ「西郷どん」。

女の善と悪、欲と業を書くのに長けた林真理子が原作で、今までのドラマでは書かれてこなかった3人の妻について書きつつ、それでいて、見ていて元気になれる大河を描くべく中園ミホが脚本を書くというのでとても楽しみです。

ヒーローじゃない西郷を描くということは、前半は青春群像劇になるのかしら。

昨年の大河は女性目線で「イケメンにやってほしいことを詰め込んだ」トレンディ大河チックでワタシは早々に脱落したので、今年は楽しみにしてました。

「真田丸」はとても面白かったけれど、あれも大河としては型破りで例外中の例外だったから、久々に(良い意味での)テンプレ大河を見たいのよぉぉぉ。


ということで、時系列で呟いていきます。


おぉ。上野の西郷さん像だ。

そして錦戸亮ちゃぁ〜ん!!!

朝ドラ「てるてる家族」だけでなく、大河もぉぉぉ!!!
出演おめでとう!!!
素敵。これで今日の目的のひとつは達成した。

黒木華の老けメイクがいいねえぇ。

はぁ。鈴木亮平の肉体美。
朝ドラ「花子とアン」の村岡さんのモダンなスーツ姿もよかったけど、武士姿も素敵。うっとり。
西郷どんのポスターにもなっている、オープニングに入る前のジャンプしている姿、躍動感が合ってよい!

オープニングも今回は明るくていいな。
緑と青が強調された景色だけでなく、もちろん西郷どんも一緒に。
オープニングからしてテンションあがるぅ。

と、こんなこと書いているけど、ワタシは二本松藩と新発田藩のハーフなもので、あまり薩長には良いイメージが無い。それでも西郷隆盛は別。
確固とした理由はないんだけど、非業の最後を遂げたからかな。

それにしてもここ数年の大河は、どこから集めてきた!?てなくらい、そっくりな子役を連れてくるなぁ。
西郷だけでなく、大久保役の子も瑛多そっくりじゃん。

河原で取っ組み合いをする子供たちのシーンを見て思う。
まだ日本にこんなに素敵な風景が残っているのね。
しかもウナギが川で簡単にとれるなんて、うらやましい〜。

薩摩弁、1/3はわからないんだけど(笑)、やたらときれいな標準語ばかりしゃべっているよりいいわ。
ワタシが就職して1年目の時に鹿児島出身の男の子がいたんだけど、まさにこんなイントネーションだったわ。
本人は「オレは、なまってないから」と言ってたけどそのイントネーションがすでに薩摩弁(笑。

そういや、第二次世界大戦の時に薩摩弁は暗号代わりに使われたという話も伝わっているくらいだったから、難解だったんだろうなぁ。

おぉ。島津斉彬様!世界のKEN WATANABE!
煤まみれでもかっこいい!
伊達政宗様ぁぁぁ! 伊達政宗、本当にかっこよかったなぁ。
子供の頃、初めて見た大河で強烈な印象が残ったものよ。
あれで「大河ドラマって面白い」と知ったのです。


そしてセットが変わり、おうちでご飯を食べるシーン。
南の国の民家は風通しがよいのね。
台風の時はどうしたんだろう?雨戸?
母親役の松坂慶子がやたら美しすぎじゃないか?

西田敏行のナレーション、ほのぼのとしてていいじゃない。
「花燃ゆ」ではフガフガ言っててよくわからなかったし、「直虎」では変に抑揚があって日本昔話だったし。
真田丸の有働さんのナレーションは良かった。聞きやすかった。
ナレーションに「個性」は要らないよ。とあの2作で思ったりした。

小柳ルミ子の斉興の側室っぷり、意外と合うんじゃないかと思ってたけど、久々に見た小柳ルミ子、美しいじゃないか!NHK常連の青木ムネムネは安定の演技ね。

「妙円寺詣り」。関ケ原から逃げ帰った島津を称える祭り。
現在もやっているのかしら?
鎧兜をかぶっての駆けっこ競争。子供ながらにハードだわ♪

あぁ。糸ちゃん。気持ちわかるよ。
男子と一緒に勉学に励んだり活躍したいよねぇ。
女だからってのけ者にされるのは悔しいよねぇ。
朝ドラ「カーネーション」でも主人公が悔し泣きしてたねぇ。
あ、そういえば「カーネーション」の主人公は「糸子」だったね。

うわぁぁぁ。島津斉彬様。かっこいい!!!
笑顔が素敵ぃぃぃ。
島津斉彬といえば高橋英樹のイメージがワタシの中では固定されてたけど、渡辺謙も素敵。
こうやってどんどん役が受け継がれていくのね。
渡辺謙の跡を継ぐのは誰になるんだろうな。

西郷どんの世界に入り込んでいたら、突然「敵」の郷中の輩が仕掛けてきた。
まっ。武器も持たない、人数も少ない相手に対して奇襲とは。情けない。
それとも日本男児か!?
(あ、まだこのころ「日本」はポピュラーワードではなかった。)
えぇ!?そしてここで切られちゃうの!?
いや、父ちゃん、「喧嘩両成敗」ではないだろ。
これだから身分社会ってやつは・・・。

しかしあれだね。子役時代をひっぱっていくのは渡辺謙だね。
おいしいところ、全部持って行くわ〜。

おぉ。Cagoxina は「鹿児島」か。
地図が出てきて読み方がわかったぞ。

そして「城山」から見た桜島。
うわぁ。西郷の終焉の地「城山」から始まり、「城山」で最後を迎える。1話で伏線はって最終話で回収する気、まんまんじゃないの。
青春期や若い頃から「ありえない小ネタエピソード」で明るく盛り上げるところは「新選組!」を思い出すねぇ。
さわやかな終わりでございました。

第二話もまだ子供編なのかな。と思って国色彩と見に行ったら。

レキシが「西郷どん」の歌を西郷隆盛の格好で歌ってた(爆。
相変わらず、格好はふざけてるけど、ちらっとしか歌は公開されてなかったけど、相変わらずクオリティ高ぇ(笑


第1話ではまだ計りきれないけれど、渡辺謙や風間杜夫のような芸達者に引っ張られて、厳しい中でも伸び伸びと育った西郷吉之助のまっすぐさがさわやかでよかったです。
第2話が今から楽しみ。
早く大人版になってくれぇ。


ブログランキング参加中

更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ


このブログの成分分析はこちら。

blogramで人気ブログを分析


posted by ゆーか at 21:03 | Comment(0) | 大河ドラマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: