2014年02月22日

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.3 天空の白鷺までは程遠い。

さてさて、前回の続きです。

「りの一渡櫓」内の見学を終え、「りの門」へ向かいます。

その前に、井戸発見。
播州皿屋敷のお菊井戸だそうです。
四谷怪談の番町皿屋敷じゃないよ。播州だよ。
播州姫路にも怪談話が伝わっているそうです。
だけど、この井戸は観光用に作られたということなので、写真は省略〜。

UKB01_017.JPG
「りの門」です。

門の入口が狭いなぁと思ったけど、これは攻め入りにくくするためだそうです。
確かにここまで大軍で突破してきたとしても入口が小さいのでモタモタするだろうな。


付近で刻印の入った石を発見。

UKB01_018.JPG
どこの大名のだろう?

徳川家の命令で作られた城は、天下普請といって、あちこちの大名を動員して城を作らせました。
城作りが得意な大名の技術を利用したかったということもあるけど、お金や人員を使わせて、無駄に大名たちに金を持たせたくない、という裏の意味もあったそうな。
天下太平の世になったとしても、金&権力のある大名たちの反乱を恐れていたともいえます。

石垣づくり用の石を集めるって大変。
石垣で使用する石はある程度の大きさが必須。
そして大きい石を持ってくるというのは徳川家に対する忠誠心を表すパフォーマンスにもなったんじゃないかな。
城の近くにある採石場は限られているし、その大名の地元から運ぶこともあったようだけど、せっかく集めた大きな石を盗まれることもあったそうです。
そこで、藩ごとに印を刻んで盗まれるのを阻止したそうな。
こういった石は静岡県の駿府城愛知県の名古屋城でも見たけど、石垣に刻まれたマークを探して歩くのも楽しいです。
特に名古屋城は、コンクリート造りの天守閣の内部の階段に注目!
この印が装飾として刻まれていて、おしゃれなのです。


そしてまた歩いて行くと備前門の直前で人が集まっている。
これが有名な「石棺を利用した石垣」か!

UKB01_019.jpg
石垣に石の棺が利用されている!
続きを読む
posted by ゆーか at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月19日

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.2 姫路城の門から攻められてる気分♪

姫路城編の続きです。

UKB01_005.JPG
菱の門を抜けて右に歩いて行くと最初の関門「いの門」に到着。

「いの門」は非常にシンプル。
シンプルすぎて見過ごしがちだけど、門だけでなくまわりの石垣や櫓がそっくり残っている光景って非常に珍しいんです。
お城初心者で、これから城を周ってみたいという方は、まず姫路城に行くことをお勧めします
この光景を目に焼き付けておけば、どんなに廃墟となった城跡でも、それが関ヶ原以降の「石垣+櫓+門で作られている城」であれば、元の姿を妄想で補うことができるようになります!


ここに注目!

「いの門」では近付いてよーく見てみてください。

UKB01_006.JPG
アゲハ蝶がいっぱいだ!


続きを読む
posted by ゆーか at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月16日

姫路城 天空の白鷺を攻める旅 vol.1 姫路城

UKB01_002.JPG

2013年12月。
閉館間近の姫路城の天守閣改修施設「天空の白鷺」を見に行ってきました!

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の舞台。
「大河ドラマの舞台だー。」と観光に訪れる人が多いようですが、実は現在の天守は関ヶ原の合戦の後に池田輝政が大改修を行ったのちにできあがったもので、黒田官兵衛が作ったものではないのです。
とはいえ、江戸時代から残っている現存12天守の中では最高峰のものであることは確か。
しかも姫路城は法隆寺とともに日本の世界遺産登録第一号!
50年に1度の大改修が行われているという天守閣を見に、今回は東京から日帰り弾丸で行ってきました!

続きを読む
posted by ゆーか at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする