2014年03月16日

弘前城 現存天守を攻める! vol.2 謎の「見る角度によって異なる天守」。

下乗橋を渡り、いよいよ天守へ。

下乗橋を渡った先は本丸なんだけど、その手前は広い一角になっている。
武者屯御門跡(むしゃだまりごもんあと)だそうな。
当時は武者門という門もありました。
有事の際にはこの武者屯(むしゃだまり)で大将が軍備を整えて出陣する場所だったそうな。
これは作りとしては角馬出(かくうまだし)だそうです。
単なる広場じゃなくて、防御のために設けられた一角だったのね。

ここからすぐに天守に行けると思いきや・・・。

AOJ01_008.JPG
天守のそばを通過してぐるっと周らないとたどりつけない。

と、ここで気がついたでしょうか?
天守は見る角度によって装飾が違うのです。

南東の方向の下乗橋から見たときには、屋根のちょっとしたに切妻破風(きりづまはふ)という小さな屋根が装飾としてあります。
1階と2階にはそれぞれ出窓のように出っ張っている。
1階の出っ張りは石落しですな。

で、下乗橋を渡って北西の方角から見ると装飾のないシンプルな建物になる。

そして天守の入口にやっと到着。

AOJ01_009.jpg

ん???なんか違う。
装飾が一切無くて、横にびろーーんと長い。
そして小さいぞ。


なんか、蔵みたいじゃないか!? これが天守!?


感じた違和感は正解で。

藩祖である津軽為信が建築を計画し、2代目藩主の信枚(のぶひら)の時の1611年に城が完成。
その時に建てられた五層の天守は落雷により焼失。
現在の天守は、1818年に9代藩主の寧親(やすちか)が隅櫓の改築を理由に天守を再建しました。
といっても、本丸の辰巳櫓を天守の代用として改築したものなのです。
(決して倉庫や蔵の改築ではないよ。
二の丸の辰巳櫓も現存しているので、比較してみると面白いかも。


AOJ01_010.JPG
おぉ。天守の土台の石垣、いろんな色があるぞ。
とてもきれいに加工されているなぁ。

でも、入口はやっぱり蔵に入るみたいだ
入口から入る時の違和感の最大の原因は、天守という最後の要に入っていくのに、防御設備がほとんどないということ。
ここまで来ると、あっさり攻められるじゃん。
江戸時代の平和になった世に作られた天守だからこそ、そこまでにはこだわらなかったのでしょうか。
犬山城なんて、入口の真横に付け櫓が飛び出ていて、入る敵は横から狙われるしね。
戦国時代の城はやっぱり攻めにくい。


天守の中は史料館になっていて、藩主の駕籠であったり、古民具であったり、いろんなものが展示されていました。
内容としてちょっと古臭い感じでした。と、普通の人は思うでしょう。
でも、こういうところに意外なお宝があるものです。
きれいな刀、磨かれた甲冑のみがお宝ではない!
友人が素通りして歩くなか、逐一立ち止まるワタシ。
ぜひぜひ見てみてくださいな。


天守から見る景色も素敵。


AOJ01_011.JPG
曇ってて残念だけど、岩木山が見えます。

そして、手前には天守に来るまでに歩いてきた通りが見えます。
右側から画面左にクランク型になっている。
桜の季節はこの写真のほとんどがピンクになるのです。


天守の見学を終えて本丸に出てきました。
天守をちょっとひいたところから撮影。


AOJ01_012.JPG
窓は連子窓鉄板が張ってあります。
おっ。壁の隅には矢狭間の穴も発見。
一応、防御はしてあるけど、他の城と比べたら簡素な防御ですな。

で、撮影していたところの近くをウロウロしていたら案内板があった。

AOJ01_013.JPG
ここは本丸御殿の玄関の柱を建てるための礎石あったところだったそうな。

案内板によると、この本丸の敷地には、日常の事務を行う表、藩主が政務を行う中奥、藩主の日常生活の場の大奥があったそうです。
さらに能舞台や御武芸所などの建物もあり、敷地の7割ほどを占めていたそうな。

AOJ01_014.JPG
今は整備された庭園になっています。

桜の時期には大混雑するんでしょうね。
だから、熊本城や名古屋城のように御殿を再建して!とは言わないけれど、せめて八王子城みたいに建物の礎石の跡を示して建物の規模がわかるようにしてほしいなぁ。
あるいは、建物があったところだけ緑を敷いてもらうとか。

残念ながら雨が降り出してしまったので弘前城の散策はおしまい。
本丸から北の廓まで出て、築城当初の正門だったという「北門」にも行ってみたかったなぁ。
この北門は現存する城門の中では最大規模だったそうです。見たかったな。


再び下乗橋から本丸を脱出。
東側の東内門、東門から脱出しました。


AOJ01_015.JPG
東門。 だと思う。
途中、通過した東内門も撮影したはずだけど、写真が無い・・・。

最後の最後まで立派な門だねぇ。

弘前城。天守もよかったけど、門に感嘆した城でした。
今度は混雑を覚悟して桜の季節に来たいなぁ。

グルメ編に続く。


楽天トラベル株式会社

桜を見に旅しよう! お花見・桜開花情報 2014




お城巡り ブログランキングへ
ブログランキング参加中
ぽちっとひと押しで応援お願いします!


このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析




posted by ゆーか at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。