2014年03月31日

江戸城 半蔵門とお堀と桜。桜を見るなら今のうちだ!

TYO01_008.JPG

江戸城に桜を撮りに行ってきました。

東京の桜の名所である千鳥ヶ淵
でもワタシのお目当ては、半蔵門と桜

江戸城の名所とともにご紹介いたします〜。


TYO01_006.JPG
吹上御所の塀沿いの桜。ほとんど葉桜になっちゃってました。残念。

派出所のお巡りさんと観光客の人とのやり取りを聞いていたのですが、昨日の春の嵐で散ってしまい、葉桜になってしまったそうです。残念。


桜を見るなら今ですぞ!!!


TYO01_007.JPG
葉桜になっていないところを見つけて撮った一枚。


TYO01_009.JPG
千鳥ヶ淵の桜。大満開!


お堀の左側には吹上御所があります。


TYO01_010.JPG
吹上御所側。土塀の上に鉢巻石垣そして桜
城好きには贅沢な光景♪


石垣が屏風折れのようになっているのもしっかり残っています。
萌えポイントですな。


TYO01_011.JPG
半蔵濠でございます。奥に見えるのが半蔵門


TYO01_012.JPG
レトロな感じで撮ってみました。このモードだと桜がピンクに見える。


TYO01_013.JPG
ミニチュアモードで撮影。


TYO01_014.JPG
最後の一枚は半蔵門をアップで。


半蔵門は服部半蔵の組屋敷があったことにより由来すると言われています。
第二次世界大戦の時に焼失したので和田倉門の高麗門を移築しました。
かつて、この門の奥は隠居した皇室の方々が住まわれていましたが、現在は天皇・皇后陛下とともに皇室の方々の居住スペースになっていて、半蔵門が出入口になっています。
なので警備は厳重。一般の人は門に近づくことすらできません。


江戸時代、半蔵門は搦手門。裏口です。
もし、何かあったら脱出して甲州街道を突っ走り、天領(直轄地)を経由して甲府へ逃げることになっていました。

だからなのでしょうか?

TYO01_015.JPG
なぜに「甲府まで131km」の看板!?
東京から甲府というのが違和感なのですが・・・。

もしかしたら、こういった経緯もあったのかもしれませんね。


とにかく。
江戸城の桜を見るのはここ数日が勝負です!


ちなみに門が移設された和田倉公園
こちらも枡形&石垣がしっかり残っているのでおすすめスポットです。




お城巡り ブログランキングへ
ブログランキング参加中
ぽちっとひと押しで応援お願いします!


このブログの成分分析はこちら。
blogramで人気ブログを分析


ラベル:日本100名城
posted by ゆーか at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江戸城の桜、見事ですね!
壕のカーブや石垣の屏風折れに着目されるあたり、城通ならでは。
僕も今週末は滋賀、京都の桜を撮りに行こうと思います。
Posted by ウォッカマティーニ at 2014年04月01日 07:59
> ウォッカマティーニさん

本当は江戸城の城内に入りたかったのですが、月曜日はお休みなのでした。
なので、縄張り図を見ながら「城っぽくて桜も撮れそうな場所」を探しました!(笑。

滋賀や京都の桜も素敵なんだろうなぁ。
東京のソメイヨシノは色が薄いのでどうやってもピンクに撮りにくいのです。
ピンクな桜が見られていいなぁ。
Posted by ゆーか@管理人 at 2014年04月01日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック