2020年02月11日

引田城(香川県)vol.3 化粧池から本丸へ。ここで化粧をしたのか!?

引田城編 vol.2からの続きです。
東の丸からいったん大手門跡付近まで戻り、化粧池、本丸を目指します。



vol.3 化粧池から本丸へ。ここで化粧をしたのか?

化粧池へ向かってひたすら降りる。入口はわかりやすいものの足元はあまりよくないので気を付けてくださいな。


TAK01_hiketa21.JPG
そこかしこに石垣の名残があるので見とれているとすべりそうになる。


TAK01_hiketa22.JPG
水場っぽい植物が生えている。

ここだけ他の曲輪とは違って湿っぽい感じがするのです。


TAK01_hiketa23.JPG
おぉぉ。石がびっしり




TAK01_hiketa24.JPG
水が溜まっている。

化粧池は山城でいうちょっとした曲輪くらいの大きさがあります。
「引田城のお姫様や女中たちが化粧をするときに使った池」と伝わっているけど、足元が整備されていたとしてもここまで下りてこないだろうな。たまに散策コースのひとつとして歩いてた時に身支度を整えたというのはあるかもしれないけれど。まぁ、人工池だし、きれいなため池だったのでしょうな。


わらわはここまで降りとうない


心の中の姫属性が思わずつぶやいてしまった


そしてこの化粧池の見どころは。


TAK01_hiketa25.JPG
西面の石垣

雑草が生い茂った中を分け入っていくと出てきた石垣。これも必見
南側から見ていたので南面の石垣は良く見えなかったのだけど、南面は他の石垣より後世に築かれたものだそうです。

そして来た道を戻るのではなく、化粧池の南東部にある道を登り本丸へ。


TAK01_hiketa26.JPG
1周まわるにはちょうど良いショートカットコース

勾配は少し急で本丸から化粧池へ降りるときはわかりやすいのだけど、化粧池から本丸に登るときには藪藪しててわかりにくいかも。
引田城パンフレット内の引田城跡散策マップには掲載されているルートです。


TAK01_hiketa27.JPG
引田城本丸に到着

Google map上では「城山展望台」と掲載されている場所です。


TAK01_hiketa28.JPG
右側に「風待ちの港」とも呼ばれる引田港が見える。

本丸はいたってシンプルな作りだけど、ところどころに石垣が貼られているので縁(へり)を探して歩く我ら。


TAK01_hiketa30.JPG
縄張図によると左は「天守台」の手前にある堀?

こんな感じで一度上に上がってしまえば歩きやすいハイキングコース。
それでもわざわざ草が茂る中へ入って行って天守台と伝わる部分の石垣はどこまで広がっているのかを探したり。


TAK01_hiketa31.JPG
どこまで広がっていたのかよくわからん天守台の石垣

そもそもこれが天守台なのかもよくわからなかったり。資料によっては本丸西側の長方形の石垣で囲まれたエリア「天守台」だったり「いろんば(色見場)」だったり。ここが「いろんば」だとするなら、天守台よりも「いろんば」のほうがでかいのか!?


TAK01_hiketa32.JPG
本丸の西側縁に残る石垣

ここまでで約2時間。帰りの飛行機の時間もあるので散策はここまでにし、南二の丸には立ち寄らず、引田港側の登山口から戻ります。

TAK01_hiketa33.JPG
六角堂跡

ちょうど本丸の案内板があるところの上が西櫓の跡と言われていて、通称「六角堂」。大正時代に昭和天皇の皇后がいらっしゃるということで展望台(六角堂)を建てた跡らしいです。
ここだけ異質。ちなみに中央の直線の石は右下を向いているけど北の方向を示しているそうな。芸が細かい。


TAK01_hiketa34.JPG
本丸 算木積みの石垣

六角堂の下にあるのが「本丸の石垣」としてよく出てくるこれ!
隙間に間詰め石が用いられていて引田城で最初に築かれた石垣という。


TAK01_hiketa35.JPG
できるだけ裏側を見ようともう少し頑張って撮った一枚。
そこそこな大きさの石がギリギリのバランスで積まれている。


登り始めてから下山するまで2時間20分の城めぐり。
無骨な野面積みの石垣でしたがどれも見ごたえあり、やっぱり印象的だったのは北の二の丸下段の石垣。ちょっと下に降りることになりますが注意すれば降りられるのでぜひ見て下から眺めてくださいな。

引田城 散策ログ

TAK01_hiketa44.png
引田港側は整備されていて、ところどころ小さな石がゴロゴロしているものの、ハイキング気分で登ることができます。後世につけられた遊歩道なので本丸にたどり着くまでは遺構は無し。登った後に思いっきり楽しんでください。

引田城を知っている人ならわかるはず。変なところから登ってない???
その謎はまた次回に持ち越しということで。


引田城 お役立ち情報

  • 住所
    香川県東かがわ氏引田城山
  • 電話番号
    -
  • アクセス(行き方)
    JR高徳線「引田」駅から徒歩約20分(引田港側登山口)
  • 駐車場
    田の浦キャンプ場側登山口 10台
    引田港側登山口 数台
  • 営業時間
    -
  • 料金
    -
  • トイレ
    田の浦キャンプ場近くの大池オートキャンプ場にあり。
    城内にはありません。
  • 昼食場所
    なし
  • 歩きやすさ
    ★★★☆☆
    登山道はところどころゴツゴツしているけれど整備されていて歩きやすい。
  • 続100名城スタンプ
    讃州井筒屋敷
    営業時間10:00〜16:00

関連情報







ブログランキング参加中

更新の励みになります!
ぽちっとひと押しで応援お願いします!

 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
ラベル:続日本100名城
posted by ゆーか at 17:17 | Comment(0) | 香川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: